推しのアイドルやアニメキャラを応援するために、ファンやオタクは様々なアイテムでその気持ちを伝えるもの。なかでも自分で作る「オリジナルTシャツ」は、ほかの人とは違う個性がありつつ、自分なりの応援ができるので人気が高まっています。

しかし、オリジナルTシャツは作りたいと思っても、ある程度の知識や時間がないとすんなりとは作れません。そこで今回は、推し活に使えるオリジナルTシャツを作る際のポイントや、おすすめのアイテムを紹介します。


オリジナルTシャツ(推しTシャツ)を作る際のポイント

まずは、オリジナルTシャツを作る際のポイントを紹介します。オリジナルTシャツの中でも、推しへの愛を伝える「推しTシャツ」の作り方にフォーカスしているので、より魅力的な推しTシャツを作成したい人はぜひ参考にしてください。

オリジナルTシャツのデザイン案の決め方

オリジナルTシャツのデザインは、手書きなどでラフ画のようなものを作ってみると良いです。手書きで思い通りにイメージを膨らませていき、最終的なデザインを固めていきましょう。

デザイン案を決めていく過程で、カラーを決めていくのも大切です。配色・色づかいによってまったく違うイメージに仕上がります。例えば、かわいいアイドルをイメージしているならパステルカラーで優しい雰囲気に、クールなアニメキャラなら寒色を主体にしていくなど、推しをどのように描きたいかによって変えていくと良いです。

また、イラストそのものを目立たせたい場合は、下地(ボディ)であるTシャツのカラーの反対色を使うのもおすすめです。反対色というのは色相環において真逆の位置にある色で、例えば赤なら反対色は緑になります。そのため赤と緑を使ってデザインされたものはそれだけで目立ちますよ。

デザインシミュレーターが役に立つ

オリジナルTシャツ作成を専門の業者やショップにオーダーしたい人も多いと思います。そんな時にぜひ活用してほしいのが、各サイトで用意してあるデザインシミュレーターです。

デザインシミュレーターは各サイトのHP・アプリ上に用意されているもので、デザイン案を気軽に決めるために役立つアシスト機能のような役割を果たします。オシャレなデザインのテンプレートや効果付けなど、デザイン案作成に役立つあらゆる機能が備わっています。

当サイトにも高機能&無料のデザインシミュレーターがありますので、オーダー画面にて気軽に活用してみてくださいね。シミュレーターから注文すると割引になるクーポンも配布中なので、お得に推しTシャツを作りたい人にもおすすめです。

デザインシミュレーター対応のアイテムはこちらから

推しTシャツのデザイン案は幅広いけど著作権に注意しよう

推しへの想いを爆発させるための推しTシャツには、様々なデザインの種類があります。例えば、写真をTシャツにプリントするタイプは、シンプルながらストレートに推しへの愛を伝えられます。このほか自作のイラストや、オシャレな文字フォントで愛を表現したパターンもおすすめです。

なお、どういったデザインにするにしても、著作権・肖像権には一定の配慮が必要です。無断で公式ロゴをなにもアレンジなくプリントするなど、推しや事務所の権利を侵害するようなデザインは避けましょう。

プリント方法で推しTシャツのデザインは大きく変わる

推しTシャツなどのオリジナルTシャツ作りにおいて、デザインをTシャツにプリントする方法選びはとても大切です。プリント方法が違うだけで、Tシャツ全体に与える印象は大きく変わりますので、自分にとってどんなプリント方法が良いのかここでチェックしておきましょう。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントはアパレルからチームオーダーまで幅広いジャンルで使われているプリント方法です。版(アルミ枠にメッシュ状のものを張ったもの)にデザインの形で穴をつくり、その穴からインクを出してプリントします。

プリントにはスキージー(ヘラ)を使い1枚1枚手作業で刷っていきます。1色ごとに版を作り、多色の場合は組み合わせて1つのデザインにします。1つの版でインクの色を変えたり、インクの種類を変えることで様々な表現ができるメリットがあります。

フルカラーインクジェットプリント

インクジェットプリントは、少数枚の製作やフルカラーの細かいデザインなどにに使われるプリント方法です。CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の4色のインクを生地に直接吹きかけてプリントします。ご家庭にもある家庭用の紙用プリンターと原理は同じです。

版を必要としないため、少量の注文の際に印刷費用が抑えられ、1枚からでもお安く製作できます。プリント出来るものは綿素材のものに限ります。

DTFプリント

DTFプリントは企業ロゴやキャラクターや写真など色味や色数にこだわったものに使われるプリント方法です。インクジェットを施した専用のフィルムをデザイン部分のみ熱で圧着させたプリントになります。

専用フィルムにダイレクトに印刷するため、版を作成する必要がありません。1枚からリーズナブルで作成可能です。また、フルカラーで印刷できるため、何十色と使うデザインでも1版で作れるので価格が変わらないメリットがあります。

刺繍

刺繍はプリントとは違った高級感を表現できます。お客様デザインを元に型(刺繍機に刺繍を出来るように指示するデータ)を専用ソフトで作成し、生地に直接刺繍していきます。型は1針1針縫い方や角度・密度を決めていきます。

ちなみに、当サイトでは刺繍デザインに精通したプロが、最高6色の糸を活用して高級感漂うデザインに仕上げていきます。ほかのショップにはない高品質な刺繍をぜひ体感してみてください。

オリジナルTシャツ作りは下地となる「ボディ」選びも大切

オリジナルTシャツをより高品質なものにするには、下地となるボディ選びも大切です。どんなTシャツにデザインするかによって、全体の満足度は大きく変わります。

例えば綿・麻・ポリエステルなどどんな素材にするかで着心地は変わりますし、ジャストサイズと大きめのサイズにするかでシルエットが異なります。そのほか、細かな仕立て部分やカラーなども重要です。オリジナルTシャツ作成ではボディ選びにも徹底的にこだわっていきましょう。

【Tシャツ作りのプロが厳選!】推しTシャツにおすすめのTシャツ

最後に推しTシャツやオリジナルTシャツのボディとして最適な、高品質なTシャツをいくつか紹介します。どれもオンラインでオーダーまで完結し、東京にある自社工場でプロが責任をもって仕上げます。

少しでも気になったら、各アイテムの詳細ページからデザインシミュレーターで自由にデザインしてみてください。きっと簡単に推しTシャツを作れちゃいますよ!

5.6オンスヘビーウェイトTシャツ

迷ったらこれ!日本で一番売れているTシャツです!サイズ展開、カラー展開、在庫数ともに負けなしです。生地はやや厚めでしっかりしているので、売りものから販促品まで幅広く使用されています。その上質さが評価され、アパレルの商品としても使用されています。

詳細はこちらをチェック

4.4オンス ドライ Tシャツ

アクティブシーンに心地良いTシャツです。抜群の吸汗性と、綿の2倍以上(当社比)の速乾性能を持つ、ドライ素材になっています。スポーツやアウトドアで大活躍間違いなしです。レディースサイズは首リブが細く、女性らしい仕様となっています。

詳細はこちらをチェック

4.0オンス プロモーション Tシャツ

「とにかくリーズナブルでオリジナルTシャツを作りたい!」という方におすすめです。より軽やかでしなやかな「デラウェア」となっています。リーズナブルでありながら、丈夫で伸びにくい仕上がりを実現しました。

詳細はこちらをチェック

推しTシャツで愛をオシャレに伝えよう

今回は推しTシャツについて紹介してきました。推しへの想いを伝えられるオリジナルTシャツは、数ある推しグッズの中でも特におすすめです。もし、オリジナルTシャツ作りに興味があるようでしたら、気軽にデザイン案を練って、オーダーしてみてください。公式LINE・Instagramも展開しているので、何か迷っていることがあればご相談ください。