皆さんは就寝時にどんな服を着ていますか?前開きのパジャマを着ている人も多いですが、Tシャツをパジャマとして着用している人もいます。

今回はオリジナルTシャツでかわいくて快適に眠れるパジャマを作る方法を紹介します!おすすめの素材やプリント方法などをまとめているので、オリジナルのルームウェアやパジャマを作りたい方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. パジャマにするオリジナルTシャツの選び方
    1. ワンサイズ大きめを選ぶ
    2. 素材は綿100%
    3. インクジェットプリントがおすすめ
  2. おすすめのオリジナルTシャツ3選
    1. 【United Athle】5.6オンス ハイクオリティーTシャツ
    2. 【United Athle】6.2オンス プレミアムTシャツ
    3. 【Printstar】4.0オンス BBT ライトウェイトTシャツ
  3. パジャマのデザイン例
    1. 文字やロゴでシンプルに
    2. パジャマパーティーなら可愛くSNS映え
    3. お気に入りの写真や推しをプリント
  4. 理想のオリジナルパジャマを作ろう

パジャマにするオリジナルTシャツの選び方

ビッグシルエットTシャツ

ワンサイズ大きめを選ぶ

就寝時に使う服ですから、窮屈に感じずリラックスして過ごせる形のものを選びましょう。おすすめはワンサイズ大きめのTシャツです。

パジャマは、基本的にゆったりした形のものを選びます。窮屈に感じないよう、いつもより大きめのサイズをチョイスしてもいいでしょう。とくに、ズボンのゴムの締め付けには要注意です。お腹がきつくなると安眠が妨げられるため、ゴムに余裕のあるパジャマがおすすめです。

ゴテゴテした装飾が付いているパジャマは、うつ伏せや横向きになった時に違和感を覚えます。自分の気分が上がるデザインなら構いませんが、できれば最小限の装飾がされたパジャマを選びましょう。

素材は綿100%

暖かい時期なら就寝時に汗をかくこともあるでしょう。また快眠のためにも、肌触りがよく柔らかい生地を選びたいところです。そこでおすすめなのが綿100%素材。

吸湿性や通気性に優れており、汗でもベタつきません。夏でも涼しく過ごせる他、保温性にも優れているため秋冬でも活躍してくれます。年中通して使える上に洗濯もしやすいため、綿素材を選ぶのがおすすめです。

インクジェットプリントがおすすめ

大きなイラストや写真をプリントする場合、プリントした部分の風合いが気になるところです。着心地を損なわないためにもおすすめなのが、インクジェットプリント。インクを衣類に直接吹き付ける手法で、プリント部分の風合いを損ないません。

転写プリントの場合はインクジェットに比べて高発色で鮮やかに仕上がりますが、プリント部分に多少の貼り付けた感じの肌触りが残ります。DTFプリントであれば、プリント部分の貼り付けになるため軽減されるでしょう。

イラスト・大ロットならシルクスクリーンも手

フルカラーには対応できませんが、1~2色のイラストであればシルクスクリーンプリントを使うというのも手です。発色の良さと肌触りどちらも取れるのが嬉しいところ。ただし数枚だと割高になるので、個人用に購入するのであればおすすめできません。

おすすめのオリジナルTシャツ3選

【United Athle】5.6オンス ハイクオリティーTシャツ

オリジナルTシャツの定番中の定番であるUnitedAthleのハイクオリティーTシャツ。サイズはS~XXLまであり、カラーも20種類展開されているため、好みにあったTシャツを見つけられるでしょう。5.6オンスで厚すぎず薄すぎない、1年を通して着やすい厚さです。

たくさんのオリジナルTシャツユーザーに愛されている当商品。初めてでどのTシャツを選んだらいいかわからない、間違いのない商品を選びたい方に自信を持っておすすめできるアイテムです。

5.6オンス ハイクオリティーTシャツの詳細はこちら

【United Athle】6.2オンス プレミアムTシャツ

1つ目と同ブランドですが、6.2オンスと少し厚め。防縮加工が施されたハイグレードモデルで、着心地だけでなく耐久性もアップしています。4Lまで対応しているため、体格が大きな方でもゆったりと着られる安心感がありますね。

「5.6オンス ハイクオリティーTシャツ」ほどではありませんが、カラー展開も豊富。少し値段が上がってもできるだけ長く使い続けたい、品質にこだわりたい方におすすめです。

6.2オンス プレミアムTシャツの詳細はこちら

【Printstar】4.0オンス BBT ライトウェイトTシャツ

UnitedAthleと同じくオリジナルTシャツの老舗「Printstar」のアイテムになります。綿素材のオリジナルTシャツの中でもかなりお安く、またかなり薄手のため暑い季節におすすめです。カラーも20種類と豊富で、夏に合う爽やかな色からシックな色まで多数展開されています。

夏場に使いたい、とにかく安く作りたい方におすすめです。また安い=低品質ではありません。柔らかい触り心地で、首元はよれにくく加工されているのですぐに使い物にならなくなるなんて心配は無用です。

4.0オンス BBT ライトウェイトTシャツの詳細はこちら

パジャマのデザイン例

文字やロゴでシンプルに

胸元部分にのみ、文字やロゴを入れるデザイン。シンプルにかわいらしく仕上がるのが特徴です。文字の色を一部変える、文字を囲って背景やフチを付けると、デザインの幅も広がります。袖部分にワンポイントいれても可愛いですよ!

パジャマパーティーなら可愛くSNS映え

海外ドラマでは女の子が家に集まり、パジャマで女子会を楽しむシーンが見られます。パジャマ姿でガールズトークを楽しむパジャマパーティー。各自お気に入りのパジャマを持ち寄ってもいいのですが、パジャマパーティーでもオリジナルTシャツの出番です。

みんなでお揃いや全員が並べば繋がるパジャマを作れば、仲が深まりSNS映えもバッチリ。背ネームを入れてクスっと笑えるデザインにするのもおすすめです。しっかりとお手入れすれば、1度きりではなく何度も使用できます。

お気に入りの写真や推しをプリント

友達やペットの写真や推しのイラスト。好きだけど外に着ていくのは難しいことも多いでしょう。自宅でならデザインを気にする必要はありません。自分の好きなものをプリントして楽しみましょう。

ただし業者の場合、著作権に引っかかるものはプリントしてもらえませんので、気をつけてください。プリントできるかわからない場合は、オリジナルTシャツ業者に問い合わせてみましょう。

理想のオリジナルパジャマを作ろう

今回はオリジナルTシャツでパジャマを作る方法を紹介しました。快適な睡眠のためにもパジャマの素材や大きさ選びは重要です。また身体に眠ることを意識させるためにも、部屋着とパジャマをしっかり分けることは効果的。オリジナルTシャツでパジャマを作って、快適な睡眠を手に入れましょう!

タカハマライフアートではパジャマにピッタリのオリジナルTシャツを作成可能です。この記事では3つのおすすめ商品を紹介しましたが、3つ以外にもたくさんの商品を展開しています。オリジナルパジャマ作成は、ぜひタカハマライフアートにお任せください!