家族の一員でもある愛犬や愛猫。ペットの写真を撮る人はとても多いのではないでしょうか。そんな写真を使ったオリジナルTシャツを作ってみませんか?

この記事では、ペット写真のプリント付きのオリジナルTシャツの作成方法や、作る際の注意点を掲載しています。タカハマライフアートでオリジナルTシャツを作成する流れも紹介しているので、ペットの写真をプリントしたTシャツを作りたいならぜひ最後までご覧ください!

目次

  1. 写真をプリントしたオリジナルTシャツの作り方
    1. 1.オリジナルTシャツ業者に依頼する
    2. 2.自分で道具を揃えて作成する
  2. ペットの写真の選び方と加工方法
    1. より鮮明に写っている写真を選ぶ
    2. 解像度が高く、大きめの写真を選ぶ
    3. デザインによっては透過処理が必要
    4. 文字やイラストを使ってデザインを作成
  3. オリジナルTシャツ作成の流れは?
    1. 1.写真を用意する
    2. 2.プリントするTシャツを選ぶ
    3. 3.デザインシミュレーターでTシャツのデザインを作る
    4. 4.注文/支払いを済ませて自宅に届くのを待つ
  4. オリジナルTシャツ作成のポイント
    1. インクジェットや転写プリントで作成
    2. Tシャツの生地をチェック!
  5. 【ペット写真をプリントしたい!】おすすめTシャツ紹介
    1. ヘビーウエイトTシャツ(トレンドカラー)
    2. ドライライトTシャツ
  6. 可愛いペットの写真を使ってTシャツを作ろう!

写真をプリントしたオリジナルTシャツの作り方

写真プリントTシャツ

まずはオリジナルTシャツの大まかな作成方法を紹介します。

1.オリジナルTシャツ業者に依頼する

ペットの写真を活かしたオリジナルTシャツを作成する方法は、主に2つあります。まずはオリジナルTシャツ業者に依頼する方法です。

オリジナルTシャツの業者に写真や希望のデザインを送り、プリントしてもらいます。プロの手で作成するため、クオリティの高いTシャツが作成可能です。商品の注文、デザインの入稿、支払いを済ませるだけで自宅まで届けてもらえるので、手間がかからないのもメリットです。

2.自分で道具を揃えて作成する

もう一つは、自分で道具を揃えてTシャツを作成する方法です。プリント用のシートやインクを購入し、自宅でプリントできます。

プリンターやアイロンが必要なほか、プリントに使うシートも購入する必要があるため、業者で作るよりも費用がかかります。手間もかかりますが、自分の好きなように作ることが可能で、全て手作りで作ることから愛着も生まれるでしょう。

ペットの写真の選び方と加工方法

犬の写真

より鮮明に写っている写真を選ぶ

プリントする際には、クリアで詳細な部分まで鮮明に写っている写真を使いましょう。せっかくの可愛いペットがぶれていたら悲しいですよね。鮮明で可愛く写っている写真を選びましょう。

解像度が高く、大きめの写真を選ぶ

解像度の高い写真を使用すると、より綺麗にプリントされます。目安としては300dpiはほしい所です。極端に画素数や解像度が低い写真を選ぶと、プリントした時にボケてしまいます。

一番はデジカメがおすすめですが、スマホで撮った写真も良いでしょう。なお、スマホで撮れる写真の解像度は機種によるため、事前に自分が持っているスマホのスペックを確認しておきましょう。

デザインによっては透過処理が必要

犬の顔だけくり抜きたい、背景を消してデザインを作りたい人も多いはず。背景を消す処理が必要な場合は、写真編集ソフトを使って透過処理してください。オンライン上で背景を透過するサイトも存在しますので、編集ソフトを使うのが難しい人はそういったツールを使いましょう。

文字やイラストを使ってデザインを作成

ペットの写真だけでなく、文字やイラストを組み合わせてオリジナルなデザインを作成することも可能です。文字やイラストを入れるだけでオリジナル感がぐっと増します。

デザインが苦手な方は、デザインシミュレーターがあるサイトを利用したり、SNSを参考にデザインを作成してみましょう。中には無料でプロのデザイン修正サービスを受けられる業者も存在します。

オリジナルTシャツ作成の流れは?

パソコンで注文する

オリジナルTシャツを作成する流れは次の通りです。この記事ではタカハマライフアートで実際に商品を購入する流れを紹介しています。

1.写真を用意する

ペットの写真を選び、デジタル形式で準備します。業者によって対応しているファイル形式が異なるので、事前に確認しておきましょう。

2.プリントするTシャツを選ぶ

オリジナルTシャツ業者のサイトで、オリジナルTシャツの種類やカラー、サイズを選びます。基本的には持ち込み不可で、サービス上で新しくTシャツを購入する必要があります。

3.デザインシミュレーターでTシャツのデザインを作る

選んだTシャツに対して、デザインシミュレーターを利用して写真やテキストを配置し、デザインを作成します。写真もデザインシミュレーターでアップロードすることで配置可能です。

文字もたくさんのフォントから選べるので、誰でも簡単にオシャレで可愛いオリジナルTシャツを作れますよ!

シミュレーターからTシャツデザインを作ってみる!

4.注文/支払いを済ませて自宅に届くのを待つ

デザインが完成したら、注文手続きを行い支払いを済ませます。その後は制作と配送が行われ、自宅にオリジナルTシャツが届きます。

オリジナルTシャツ作成のポイント

デザインする

オリジナルTシャツをオシャレに作るには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

インクジェットやDTFプリントで作成

写真をプリントするには、フルカラープリントに対応した方法でなくてはいけません。インクジェットプリントやDTFプリントを選びましょう。

着心地重視ならインクジェットプリント

インクジェットは、生地に直接インクを吹き付けてプリントする方法です。プリント部分の風合いが滑らかで着心地を損ないません。写真のプリントにおいて、柔らかなな雰囲気を演出したい場合はインクジェットがおすすめです。

一方でデメリットとしては、濃い色のTシャツにプリントした場合に色が沈んでしまうこと、業者によっては綿100%の生地にしかプリントできないことです。

鮮明さ重視ならDTFプリント

DTFプリントは特殊なフィルムにプリントしてTシャツに圧着する方法で、最新式の設備がなければできないプロならではのプリント方法です。細部まで美しく発色するため、より美しくプリントしたい方におすすめです。

再現性に優れている一方で、柔らかな雰囲気や着心地がやや乏しいのが注意しましょう。プリント部分に貼り付けた感じが残ります。

イラストかつ大ロット注文ならシルクスクリーンも可

イラストや大量注文する場合は、シルクスクリーンプリントも選択肢となります。シルクスクリーンは耐久性に優れており、発色の良さも風合いも手に入ります。しかし、フルカラープリントは不可、プリント方法の都合上小ロット注文の場合は割高になるので気をつけましょう。

Tシャツの生地をチェック!

オリジナルTシャツは綿製品とポリエステル製品が多く、どちらがいいかは着用シーンによります。部屋着として使用する場合は綿100%が良いですが、アクティブなシーンで使用する場合はポリエステル素材がおすすめです。

部屋着なら綿100%がおすすめ

部屋着やパジャマとして使うなら、柔らかな肌触りの綿やコットン100%がおすすめです。インクジェット、DTF、転写いずれのプリントも可能。洗濯すると縮みやすく、シワになりやすいというデメリットがあるため、長持ちさせたいならより丁寧に扱いましょう。

アクティブシーンで使うならポリエステル

吸汗速乾性に優れたポリエステル素材は、屋外やアクティブな活動をする際におすすめです。圧倒的な耐久性も特徴で、シワや型崩れしにくいのもうれしいところ。デメリットは汚れを吸着しやすい点と、静電気を起こしやすい点です。さらには、生地の性質上、チクチクとしてかゆみを感じる方もいるでしょう。

【ペット写真をプリントしたい!】おすすめTシャツ紹介

最後にペット写真をプリントしたくなるTシャツの紹介です。少しでも気になったらアイテムページにアクセスしてみてくださいね!

ヘビーウエイトTシャツ(トレンドカラー)

ほどよい分厚さのある人気Tシャツです。オリジナルTシャツ界の定番アイテムを世に送り出してきた「プリントスター」が手掛けています。部屋着として使いやすいコットンを採用しており、カラー展開は「ターコイズ」「オリーブ」などのトレンドカラーを揃えています。

アイテムページはこちらから

ドライライトTシャツ

ポリエステル素材を採用したスポーティーなTシャツ。豊富なカラーとサイズ展開で、チームウェアに最適です。学校・企業のイベントでイメージカラーをマッチさせたい時、ペット含め家族で共通のオリジナルTシャツを作りたい時におすすめ!

アイテムページはこちらから

可愛いペットの写真を使ってTシャツを作ろう!

猫の写真

ペットの写真を使ったオリジナルTシャツは自分用はもちろん、家族へのプレゼントやイベントでの着用など、さまざまなシーンで活躍します。タカハマライフアートのサービスを利用すれば、簡単にオリジナルTシャツを手に入れることが可能です。

ペットの写真をプリントしたオリジナルTシャツは、一生の思い出となることでしょう。大切なペットとの絆・愛情を形にしてみてくださいね。