イベントや行事で見かけるスタッフジャンパー。スタッフがおそろいのデザインのジャンパーを着用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、スタッフジャンパーのメリットや、制作時の注意点、デザインのポイントを解説します。オリジナルのスタッフジャンパーを発注できるプリント専門店や、オススメのアイテムもご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

オリジナルのスタッフジャンパーを作る時のメリットやポイント

オリジナルのスタッフジャンパーを作るメリットはどのようなものがあるでしょうか。そのメリットを最大限活かすデザインにするポイントも一緒にご紹介します。

かっこいいオリジナルのスタッフジャンパーを作るメリット

イベントのスタッフたちのためにオリジナルのスタッフジャンパーを作ることには、イベントをスムーズに進めるために役立つメリットがたくさんあります。ここでは代表的な3つのメリットをご紹介します。

一目でスタッフだとわかる

たくさんの人が集まるイベントでは、誰がスタッフなのか一目でわかるようにしないと来場者は混乱してしまいます。 名札では遠目でスタッフかどうか判別しにくいのですが、スタッフジャンバーであれば遠くから見てもどこにスタッフがいるのかがすぐにわかります。

スタッフの着替えが効率的

スタッフにコスチュームやユニフォームの着用を依頼する場合、スタッフのために着替えのスペースを用意する必要があります。 大きなイベントスペースであればいいですが、野外イベントや路上でのキャンペーンなどでは着替え場所の確保は一苦労。 その点スタッフジャンパーであれば羽織るだけなので、男女ともに着替えの手間がかかりません。

スタッフ同士に仲間意識が生まれる

イベント時に集結するスタッフは、初対面のメンバーが多い場合もあります。連携して業務をこなすには、スタッフ同士のチームワークが必要不可欠。 おそろいのスタッフジャンパーを着用することで、無意識に仲間意識が生まれコミュニケーションも取りやすくなります。イベントをスムーズに運営することに役立つでしょう。

スタッフジャンパー制作時に気をつけたいこと

オリジナルデザインでスタッフジャンパーを作るときに気をつけたいポイントを3つご紹介します。

着用シーンに合わせた生地を選ぶ

一言でスタッフジャンパーといっても、生地の厚さやデザインはさまざま。 イベントの実施時期や開催場所(野外か屋内か)など、着用シーンによって適した生地の厚さやデザインを選びましょう。

著作権や肖像権の侵害に気をつける

親しみやすさを出すために人気キャラクターや他社の企業ロゴなどを使用すると、著作権や商標権の侵害に該当するので注意が必要です。 また、著名人の写真や似顔絵を無断使用することもNGなので注意しましょう。

スケジュールには余裕をもたせる

急ぎの場合、最短で翌日発送をしてくれるプリント専門店もありますが、制作枚数が多くなると在庫がなかったり、刺繍などの特殊プリントには対応していなかったりします。 余裕を持った制作スケジュールを立てましょう。

オリジナルスタッフジャンパーデザインのポイント

実際にオリジナルスタッフジャンパーをデザインする際のポイントをご紹介します。スタッフジャンパーならではのコツがあるので参考にしてみてくださいね。

スタッフと判別しやすい色を選ぶ

スタッフジャンパー着用の目的の一つに、一目でスタッフだと判別しやすくする場合があります。そのため、視認性の高いカラーにする必要も!

視認性を高めるにはグレーや黒より、グリーンやオレンジのように目立つ色が良いでしょう。 イベントのテーマカラーや企業のイメージカラーにそった色を選ぶのもオススメです。

企業ロゴやイベントのシンボルマークが目立つように

せっかくスタッフジャンパーを作ったのに、「どの企業か」「どんなイベントか」が伝わらないのはもったいないですね。企業ロゴやイベントのシンボルマークは目立つ配色デザインにすることPRにもなりますよ。

プリントの最適な方法を選ぶ

スタッフジャンパーにイラストや文字を入れる場合、シルクスクリーンプリントとDTFプリントがあります。それぞれのメリットがあるので、用途に合わせて選びましょう。

シルクスクリーン

ロゴや単色のカラーのデザインに向いているプリント方法です。耐久性が強く、枚数が多いほど安くなるのでライブのスタッフジャンバーなど枚数が多いオリジナルジャンバーにはお得なプリント方法になります。

DTFプリント(Direct to Film)

フルカラーや写真のデザインに向いているプリント方法です。版の作成が不要なため1枚から低価格で作成可能です。キャラクラーやカラフルなデザインに向いているプリント方法なためはっきりとしたデザインのジャンパーを作成したい方はおすすめです。

刺繍

糸を縫い付ける方法で一枚一枚に加工していきます。耐久性があるので洗濯にも強く、何度も使用する場合に適しているでしょう。

 

オリジナルのスタッフジャンパーを注文できるおすすめ制作ショップ5選

スタッフジャンパーを作るメリットや、デザインのポイントを掴んだら、次は実際にプリントを注文するお店選びが始まります。インターネットで検索するとたくさんのオリジナルプリント専門店が紹介されますが、なかでもジャンパーやブルゾンなどのプリントに強みのあるお店を5つご紹介します。

クラTジャパン

激安で作りたい人や、シンプルなデザインでもいいから短納期で制作したい人はクラTジャパンがオススメです。「WEB割」「曜日割」「時間割」など、さまざまな割引プランがあります。

しかも、プランの組み合わせができるので、上手に注文すればかなり格安で制作できます。 名入れ印刷やフルカラー印刷、刺繍も翌日発送対応なのが嬉しいですね。

スタッフジャンパーのルーツ

人と差がつくユニークな素材のジャンパーを作りたい人にオススメなお店。なんと取り扱いのあるジャンパーは約300品番!

しかも、希望をヒアリングした上で複数のサンプルを実際に試着させてくれるので、発注前にしっかり商品に納得した上でプリント注文できます。

タカハマライフアート

プリントの品質にこだわりたい人には、25年の経験と累計15万件以上の注文実績を持つタカハライフアートがオススメ。特に刺繍の品質には自信があります。専用ソフトを使用して作った刺繍の型は、1針1針縫い方や角度・密度を決めるという職人技。

シミュレーターでweb上で簡単にデザインを作れることも魅力。テンプレートやイラスト、豊富なフォントを組み合わせるだけなので、専門のデザインソフトを使えない人でもデザインが作れます。

しかも、シミュレーターを使用した場合、料金が5%オフになるという嬉しい特典も。 また、大人数のスタッフが着用するスタッフジャンパーを作る場合は、発注ミスやデザインミスは絶対に避けたいものです。大量生産の場合は経験豊富な専属のスタッフが丁寧に相談に乗ってくれるので、安心して大口注文をすることができます。

「早い対応」「早い納期」で納期のスケジュール管理もしてくれるのでお急ぎの方はタカハマライフアート へ。

プリントメディア

プリントメディアではプロに無料でデザインの作成を依頼できます。シミュレーターを使ったデザイン作りに自信がない人や、完全にお任せしたい人に嬉しいサービスですね。

また、LINEで年中無休で問い合わせを受け付けているので、急ぎで相談したい時にも便利です。 ジャンパーやブルゾンのアイテム数は他のお店に比べて限られますが、ベストタイプやはっぴタイプなどユニークなスタッフ用ユニフォームも取り扱っています。

アパレルの卸

スタッフジャンパーやブルゾンの製作実績が豊富なお店です。イベント用のスタッフジャンパーだけではなく、店舗スタッフ用や選挙活動用のスタッフジャンパーなど、さまざまな制作実績が写真と共にサイトに紹介されています。

用途によってオススメの商品が紹介されていることもポイント。 まずは、作りたいスタッフジャンパーをイメージしたい人にとって商品を選びやすいお店です。

【格安で名入れもできる!】スタッフジャンパーにおすすめのアイテム

最後に、オリジナルのスタッフジャンパーを作る際にボディとなるおすすめのアイテムを厳選して3つ、ご紹介します。

ベーシックフードインウィンドブレーカー

動きやすさを重視するなら、ジャンパータイプのこちらがオススメ。 フリーサイズで着丈が87cmと、ブルゾンタイプの着丈(67cm)に比べてかなり長め。しゃがんだり、背伸びしたりしても背中が出る心配はありません。

また、フード内蔵モデルなので急な雨風にも対応できます。野外のイベント用として活躍します。 

詳細はこちらをチェック

【刺繍】マイクロリップストップ イベント ブルゾン(一重)

スッキリとした印象のアウターを探している人には、ブルゾンタイプが適しています。ジャンバーは機能性を重視したシンプルなシルエットですが、ブルゾンは袖や裾を絞り、背中にやや余裕を持たせて全体的にふっくらとしたシルエットを作ります。

リップストップという引き裂きに強い生地なので、耐久性もバッチリ。 こちらのタイプは好きな文字を名入れできます。型代不要なので格安で名入れできるのが嬉しいポイントでもあります。 

詳細はこちらをチェック

ナイロン コーチ ジャケット(裏地付)

少しファッション性を重視したい人にはジャケットタイプがオススメ。ジャケットタイプは、動きやすさを重視したスポーティーな印象のジャンバーやブルゾンと少し異なり、前面の開閉部分をボタンにするなど、細部にファッション性を持たせています。

裏地もついているので、着心地も抜群。イベント時だけではなく、普段使いもできそうですね。 ミリタリーチックなカラーバリエーションなので、そういったジャンパーを探している場合にもぴったり!

詳細はこちらをチェック

かっこいいオリジナルスタッフジャンパーを激安で作ろう!

オリジナルのスタッフジャンパーをイベントで着用すると、来場者にとっても、スタッフ同士にとってもメリットが生まれます。 しかし、あくまで制作の目的はイベントの運営をスムーズに行うこと。そのためにデザインや生地選び、プリント方法にも注意事項や抑えておきたいポイントがあります。

だからこそ、品揃えが豊富で、高品質なプリントができるプリント専門店を選ぶことが重要。割引キャンペーンなどのお得なサービスを上手に活用して、かっこいいオリジナルスタッフジャンパーを作りましょう!