好きなアーティストのライブTシャツや、キャラクターTシャツなど、お気に入りTシャツをどれくらい持っていますか?

着用するたびに、型崩れや色褪せ、シワがたくさん入っていたり…と、洗濯する際に気をつけていても、傷んでしまっていることがあります。

Tシャツをキレイな状態で保つには、洗濯を終えた後の干し方が実は重要なんです。

この記事ではTシャツを長持ちさせるための最適な干し方をご紹介します!

目次

  1. 知っておきたい!Tシャツの干し方4選
    1. Tシャツのシワを防ぐ干し方
    2. 首回りが伸びない&ヨレない干し方
    3. 嫌な臭いを防ぐ干し方
    4. 色あせを防ぐ干し方
  2. それぞれ干す場所ごとのメリットとデメリット
    1. 日向(天日干し)
    2. 日陰(陰干し)
    3. 室内(室内干し)
  3. 外干しする時のおすすめな時間帯は?
  4. まとめ

知っておきたい!Tシャツの干し方4選

あまり気にしたことがない方も、すでに気をつけている方も、知っていて損はない情報ですのでぜひご覧ください!

Tシャツのシワを防ぐ干し方

Tシャツに多く使われている綿(コットン)素材は、吸水性が高く洗濯すると膨張し、乾かす際に縮むという現象を起こします。そのため、洗濯後はすぐに干すようにしましょう。

そしてTシャツを干す際に、一度両肩部分を持って軽く振りさばいてください。振りさばくことでシワを伸ばすことができます。

さらに、ハンガーにかけた後、パンパンと叩くのもおすすめです。

ただし、伸縮性が高いTシャツの場合は、振りさばくことで伸びや型崩れの原因になってしまうので、振りさばかず、形を整えて干すと良いですよ。

首回りが伸びない&ヨレない干し方

Tシャツを干す時、ハンガーや物干し竿などを使いますよね。首回りがヨレヨレになってしまったり、Tシャツの型崩れは干し方が原因になっている場合が多いので、注意が必要です。

裾からハンガーを入れて干す

首回りを伸ばしてハンガーを通すと、水分を含んだ生地が変形し、乾いた時にヨレてしまいます。そのため、裾側からそっとハンガーを通して、形を整えるようにしましょう。

洗濯バサミを使って干す

首回りのヨレや伸びを極力減らしたい方は、Tシャツを二つ折りして、物干し竿や洗濯紐に洗濯バサミを使って干すと良いですよ。

干す場所が狭い場合は、二つ折りしたTシャツをハンガーにかければ、スペースも節約できるのでおすすめです。

また、Tシャツの裾の部分を数ヶ所、洗濯バサミを使って逆さにして干す方法もあります。

首回りに負荷がかかりにくいので、かんたんに首回りのヨレを防いでくれますよ。

ただし、裾部分を両端2ヶ所だけ留めてしまうと、裾部分の型崩れの原因になってしまうため、ご注意ください。

洗濯バサミを使わず形を整えて干す

そして、一番ヨレを防ぐ干し方は、平干しです。

物干し竿やハンガーを使うと、水分を含んでいるため、型崩れがおきてしまいます。平干しするには、ある程度広いスペースが必要なので、平干し専用のネットを利用すると便利ですよ。

平干しはある程度広いスペースが必要なため、どうしても型崩れをさせたくないTシャツを干す際に、お試しください。

嫌な臭いを防ぐ干し方

洗ったのに、なんだか臭いが気になる…なんてことありませんか?それは生乾き臭の可能性が高いです。

生乾き臭を防いでくれる洗濯用洗剤や柔軟剤を使っていても、気になることありますよね。

生乾き臭を抑えるには、短時間でサッと乾かすことが重要。早く乾かすには、風通しの良さがポイントです。

洗濯物を干す際に、間隔を広めにあけて、風が通りやすいようにしましょう。

色あせを防ぐ干し方

色柄物のTシャツは、日の光が当たるとダメージとなり、色あせの原因となります。

そのため、Tシャツを裏返して干しましょう。裏返すことでプリント崩れも防げて、短時間で乾くのでおすすめです。

ですが、天日干しより陰干しに向いているTシャツもあります。綿・麻・シルク(絹)・ウール・ナイロンは、日光に含まれる紫外線によって、ダメージを受けやすいと言われている素材です。

干す前に洗濯表示を見て、『陰干しマーク』がプリントされていた場合は、陰干ししてくださいね。

Tシャツを干す際に欠かせないのが『ハンガー』です。

肩部分がハンガーの形に伸びてしまった…なんてことありませんか?

そんな悲しい思いをしないためにも、ハンガーは肩に丸みがあるモノがおすすめです。100円均一やホームセンターなどでも、手に入りますのでぜひ手に入れてくださいね。

また、乾いたTシャツをかけるには、滑り止め加工がされたハンガーを使うと、生地が滑り落ちにくいので、型崩れ防止に最適ですよ。

それぞれ干す場所ごとのメリットとデメリット

やはりカラッと乾くのは、天日干しですよね。ですがTシャツを長持ちさせたいなら、直射日光は色あせさせてしまう心配も…。

干す場所ごとにメリットとデメリットをまとめましたので、ご覧ください。

日向(天日干し)

メリット デメリット
・早く乾く ・日光で殺菌出来る ・色あせを起こしやすい

太陽の光や風の力で菌が増殖する前に短時間で乾き、臭いを抑えてくれる効果があります。

日陰(陰干し)

メリット デメリット

・Tシャツへのダメージを軽減

・変色や色あせを抑える

・雑菌の増殖を防ぐ効果がない

・乾くまで時間がかかる

濡れている時間が長いため、臭いが発生しやすいため、風通しが良い場所で、早く乾くように工夫すると良いですよ。

室内(室内干し)

メリット デメリット

・雨の日でも天気を気にせず乾かせる

・花粉や排気ガス、黄砂など汚れがつきにくい

・日光による変色や色あせを防げる

・臭いが発生しやすい

・乾くまで時間がかかる

室内で干す場合は、湿度が高くなってしまうことで乾き辛く、生乾き臭が気になる…なんてことも。

室内物干しをする場合は、風通しを良くするために、サーキュレーターや暖房、除湿機など家電の力を借りて乾かすと良いですよ。

外干しする時のおすすめな時間帯は?

外干しする時、日が出ていたら干すという人が大半ではないでしょうか。

洗濯物を乾かすために必要な条件は『気温が高く、湿度が低い』です。

それはTシャツも変わりません。

そして、外干しに最適な時間帯は、『午前9時から午後3時ごろ』だと言われており、気温が高い夏場は3時間もあれば十分乾きます。

では、気温が低い冬場はどうでしょう?

気温が低いことで水分が蒸発しづらく、長く干していても十分に乾かないことが多いですよね。

また、午後3時以降は湿気が出てくるため、洗濯物に湿気が移り、外干しの時間を伸ばしたとしても結果は変わりません。そのため午後3時以降は、室内干しで乾くのを待つと良いですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した干し方は、ひと手間加えるだけで実践できる方法だったかと思います。

お気に入りのTシャツを長持ちさせたいから…としまい込むのではなく、干し方を工夫して好きなTシャツを着る機会が増えると良いですね。