オリジナルTシャツを販売する際に「どうしたら儲けられるのかな?」と気になると思います。この記事では、オリジナルTシャツの販売方法や、売り上げを伸ばすために必要なコツや注意点を紹介します。

記事で紹介している具体的な販売方法は以下3つです。

  • ドロップシッピング
  • 自作のオンラインショップ開設による販売
  • 実店舗での販売

オリジナルTシャツを販売するために必要な情報をまとめているので、オリジナルTシャツ販売を検討している方は参考にして売り上げ向上につなげてみてください。


オリジナルTシャツ販売「ドロップシッピング」

オリジナルTシャツを販売するからには、ある程度の売り上げをあげたいものですよね。ここからはオリジナルTシャツの販売を気軽にできて、上手くいけば売り上げを伸ばせる「ドロップシッピング」を紹介します。

ドロップシッピングの特徴だけでなく、メリットとデメリットについても解説しますので参考にしてみてください。

ドロップシッピングとは?儲かるの?

オリジナルTシャツの販売方法の候補としてまず挙げられるのが、ドロップシッピングと呼ばれる、販売サイトを利用して、オリジナルTシャツを出品・販売することです。

ドロップシッピングでは個人でTシャツ販売したい際に、Tシャツの製造や発送などの作業をサービス会社に委託できます。CMや雑誌でも取り上げられることの多い「BASE」や、「Up-T」などのオリジナルTシャツ制作専門サービスで展開している独自のマーケット、ユニクロのオリジナルTシャツ販売サービス「UTme!」などが代表的な販売サービスです。

各サービスに登録後、すぐにオリジナルTシャツを販売できる手軽さや、購買者やリピーターとなってくれるユーザーの多さなどが大きな魅力です。プロのデザイナーから趣味でデザインしている方まで、さまざまな方々が販売サイトを利用しており、まさにオリジナルTシャツ販売方法の主流といえます。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングならではのメリットとして、製造・梱包・発送・カスタマー対応などを全てサービス会社へ委託できることが挙げられます。

サービス会社によって製造から発送まで一元管理しているため、デザインした販売者は実際の商品を管理する必要なく購買者に届けられます。作業を大幅に省けるため、集客やデザイン制作に時間を割けるのも魅力です。

また、製造を担わないため、販売者は在庫を抱えるリスクがないです。さらには、資金調達や初期投資もほぼない状態でスタートできるのもメリットで、全てが手軽に進められるのがドロップシッピングが魅力といえましょう。

ドロップシッピングのデメリット

便利な点が多いドロップシッピングですが、いくつかデメリットや注意点もあります。ドロップシッピングは人気が高まっており、さまざまなデザイナーが参加しているため競合性が高まっています。

販売数や売り上げを伸ばすためには、ほかの商品と差別化を図る必要があるでしょう。オリジナルなデザイン性を磨く以外にも、SNSやブログなどで宣伝するなど、集客を意識しなければなりません。

このほか、直接的に購買者と繋がらないためニーズを掴みづらいことなどもデメリットです。

ドロップシッピング以外でオリジナルTシャツを販売するには?

オリジナルTシャツを販売する方法は、ドロップシッピング以外にもいくつかあります。ここからは自作のオンラインショップの開設による販売と、実店舗での販売を例に挙げて、それぞれのオリジナルTシャツ販売方法を紹介します。

自作のオンラインショップ開設による販売

自作のオンラインショップを開設するのは、オリジナルTシャツ販売で儲ける方法の一つです。ドロップシッピングほどではありませんが、オンラインショップを自分で開設して、そこでオリジナルTシャツを販売するフリーデザイナーの方なども一定数活躍しています。

オンラインショップ開設によるメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかチェックしていきましょう。

オンラインショップ開設のメリット

近年では、無料もしくは低コストでショップを立ち上げられるサービスが増え、自作のオンラインショップサイトを気軽に作れるようになりました。

自作のオンラインショップを活用することで、ドロップシッピング利用時に発生する中間マージンなどが発生しないため、サービスの展開の仕方によっては利益を最大化しやすいです。

また、オンラインショップが評判になるにつれて、ブランド価値が高まるメリットもあるでしょう。固定のファン層の獲得も可能で、安定して大きな収益を得られる可能性があります。

オンラインショップ開設のデメリット

一方で、いくらショップの開設が手軽になったとはいえ、ドロップシッピングよりも販売にかかる手間やリスクは大きいです。

オリジナルTシャツの制作はもちろん、販売や発送業務、カスタマー対応・サポート対応も必要になるでしょう。サイトデザインが崩れたときや、閲覧ができない状況になった際は、サイト構築・運用に関する知識を活かした対応も求められます。

さらには、受注生産体制を取っておらず、売り上げ想定よりも商品を多く制作してしまった場合は、在庫を大量に抱えてしまうリスクもあります。

そのため、自作のオンラインショップによる販売は、ある程度デザイナー実績・人気がある方や、サイト構築・運用に関する基本的な知識のある方におすすめです。サイト運用に抵抗がない場合は、オンラインショップの開設を検討してみてください。

実店舗での販売

アパレルショップに直接持ち込んで、実店舗で販売する方法もあります。オンラインサービスの台頭で、近年では持ち込みによる販売は少なくなっていますが、条件によっては一定以上の売り上げが見込めます。

ここで実店舗での販売ならではの特徴を紹介します。

実店舗での販売のメリット

各地域の地元に根付いたアパレルショップではオンラインにない独自のニーズや、ファッション好き同士のコミュニティがあります。そうしたニーズにマッチするTシャツを作れば、大きな利益と人気を得られるかもしれません。

また、オンラインでの購買層はライト寄りになりがちですが、実店舗の購買層はややコアなアパレルファンが多いです。そのため、オリジナルTシャツの販売価格をやや高く設定しても、来客に評価されれば購入してもらえるでしょう。

さらに、複雑なデザインを模している、独特の質感のプリント方法や生地を採用しているなど、実際に見て触れないとわかりづらい魅力のあるTシャツの場合は、オンラインよりも実店舗での販売が向いています。

実店舗での販売のデメリット

一方で、持ち込みによる販売は、ショップとのコネクションがない場合は実店舗に置いてもらえない可能性があります。持ち込みたいショップと関係が築けていないと、上手く営業活動しなければなりません。

さらに持ち込み先で販売しているアイテムと、自分のオリジナルTシャツのデザイン性の方向性に違和感がないかも注意する必要があります。

たとえばトラディショナルなアイテムを販売しているショップで、奇抜なデザインのTシャツを販売しても来客のニーズとズレが生じて売り上げは不調に終わってしまうかもしれません。持ち込み先の選定も重要な作業です。こうした販売までの手間のほかにも、在庫が発生するリスクもあります。

実店舗での販売は、オンラインショップにはない独自のニーズやコミュニティを活かせそうな場合はおすすめです。

販売方法の特徴を見極めて販売数・利益アップ!

ここまでオリジナルTシャツの販売方法や、それぞれの特徴や儲けるためのコツなどを紹介してきました。販売方法には3つの方法があり、売り上げを見込むためには最適な方法を選ぶのが大切です。

自分がどのようなTシャツを作って、どのようなかたちで販売したいのかを考えつつTシャツ販売に進みましょう。