「リモートワーク続きで、目の疲れや肩こりが辛い」

「エアコンでお肌が乾燥して、化粧ノリが悪い」

そんな悩みを抱えている方にオススメなのが、リラクゼーションにもスキンケアにも効果的な蒸しタオルです。ホットタオル、温タオルとも呼ばれることも。

電子レンジを使えばたった1分で準備が完了するので、とても簡単に準備できることが魅力です。

ただし間違った使い方をすると効果がないだけではなく、火傷のリスクもあるので正しい使い方を知ることが大切です。

今回は、蒸しタオルを簡単に作る方法と、効果を倍増させる正しい使い方のコツをご紹介します。ぜひ、今日からでもお肌のお手入れやリラックスタイムに取り入れてみてください。


こんな時にオススメ!蒸しタオルに期待できる効果4つ

エステや美容院で温かいタオルを顔に当ててもらうと、ほっとしてとても気持ちがいいですよね。そんな蒸しタオルには、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

代表的な4つの効果をご紹介しますので、気になる症状がある方はぜひ一度蒸しタオルの効果を体験してみてください。

血行を改善し、目の疲れや肩こりを解消

目の疲れや肩こりの原因の一つに血行不良があります。血行を促進するには、蒸しタオルで気になる箇所を温めることが効果的。血の巡りが良くなることで、疲れや痛みの緩和が期待できるのです。

また、クマやまぶたのむくみもといった目元のトラブルも、血行をよくすることで改善することができますよ。

毛穴の黒ずみや角栓のスペシャルケア

顔の皮膚はとても薄く、汚れを落とすためにオイルや洗顔料でゴシゴシこするとかえってお肌がダメージを受けてしまいます。

そんな時に毛穴の黒ずみや角栓のケアとしてオススメなのが、温かな蒸気で毛穴に詰まった黒ずみや角栓を柔らかくしてくれる蒸しタオル。蒸しタオルを当てた後にオイルなどで優しく汚れを落としましょう。

お肌の調子を整え、化粧ノリを改善する

全体的にお肌がくすんで調子が悪いと感じる時も、蒸しタオルが効果的。洗顔後に蒸しタオルをすると、その後化粧水や美容液の浸透率が高くなります。肌がしっかり潤ってキメが細かくなれば、化粧ノリも改善されますよ。

また、タオルの熱でお肌の血行が良くなるので、肌のトーンも明るくなるでしょう。

ヒゲや産毛剃りによるお肌への負担を軽減する

ヒゲや産毛剃りは、お肌にかかる負担が大きいもの。そこでオススメなのが、剃る前に蒸しタオルで顔全体を温めることです。床屋さんでも最初に蒸しタオルを当ててくれますよね。

温めることでヒゲが柔らかくなり、少ない力でもスムーズに剃ることができます。

電子レンジで1分。蒸しタオルを作る簡単な方法

ホットタオルを作る方法はいろいろありますが、今回は一番手軽な電子レンジを使った作り方をご紹介します。

所用時間は基本的に1分以内。忙しい朝や、仕事帰りで疲れている夜でも簡単に準備することができます。タオルの厚さによって温まり方は変わってくるので、ご紹介する方法を基本としてご自分の一番気持ちい温度になるよう加熱時間を調整してみてくださいね。

用意するもの

  1. フェイスタオル

お肌に優しい、綿100%のタオルが基本です。薄手の方が水分を絞りやすいですが、冷めやすいというデメリットもあります。タオルの厚さは程々の厚みがあるタオルを選ぶとよいでしょう。

短いタオルよりも、スポーツタオルのように長さのあるタオルの方が広い範囲で温めることができますよ。

.ラップ

たたんだタオルをしっかり包める大きさであれば大丈夫です。

作り方

まずは、タオル全体を水でしっかり濡らしてから、水滴が落ちない程度に絞ります。水が滴るほどタオルが濡れていると、取り出した時に火傷をする可能性があるので注意しましょう。

つぎに、絞ったタオルを電子レンジ(500W)で30秒~1分間温めてください。このとき、加熱している間にタオルが乾燥しないようにラップで包んでおきましょう。

電子レンジで温めたら、タオルを少し冷ましてから取り出してください。急に体に当てずに、一度タオルを広げて温度を確認してから使用するようにしましょう。

アロマの香りでリラックス効果UP

水を入れた洗面器にお気に入りのアロマオイルを1滴垂らしてからタオルを濡らすと、ほんのりといい香りのする蒸しタオルを作れます。

お手入れ時間がリラックスタイムにもなり、心身ともにすっきり。ラベンダーやローズゼラニウムなど、リラックス効果がある香りがオススメです。

蒸しタオル作りと使い方の注意点

電子レンジでチン!で作れる簡単な蒸しタオルですが、不適切な使い方をすると火傷の危険性も。

ここで安全に使うために守って欲しいルールや注意点を紹介します。

電子レンジ内が汚れていないか

出典:ニチレイフーズ

電子レンジ内には、油汚れや食品の汚れが意外とこびりついているものです。これが加熱によって火種となることがあるので、加熱の際には電子レンジ内が汚れていないか確認しましょう。

加熱時間が長過ぎないか

慣れてくると熱いタオルの方が気持ちよく感じてくるかもしれませんが、長時間加熱するのは絶対にNG。基本は1分以内を守り、もし一度触ってみてあまり温かくなっていないと感じたら、10秒程度ずつ再加熱するようにしましょう。

密閉しすぎる

濡れたタオルをラップで包む時に、ラップで密閉しすぎると爆発のリスクが高まります。水分が飛ばないようにとラップでしっかりと包んでしまうと、蒸気の逃げ場がなくなってしまい爆発してしまうのです。ラップはふんわりと包む程度で十分でしょう。

清潔なタオルを使う

Yahoo! 知恵袋などで意外と多い質問が「蒸しタオルに使ったタオルは毎回洗濯した方がいいですか?」というものです。蒸しタオルを作る際には、水しかつけていないので使用後は干しておけば大丈夫と思う方もいらっしゃるかもしれません。

使ったタオルは毎回洗濯しましょう。蒸しタオルをした後は、目には見えない皮脂や汚れがたくさんついています。しかも濡れたタオルをそのままにしておくと、菌が繁殖しやすくなってしまうもの。毎回必ず清潔なタオルを使用しましょう。

皮脂の落としすぎに注意

蒸しタオルを顔に当てる場合に注意したいのが、当てる時間と回数です。あまり長時間当てたり、たくさんやりすぎると逆効果になることも。長時間蒸しタオルを使用すると、バリア機能を果たしている皮脂まで落とし過ぎてしまうからです。

理想は一回あたり23分まで。回数は、週12回で十分効果的でしょう。 

蒸しタオルのあとはすぐに保湿が鉄則

蒸しタオルによってお肌の毛穴は柔らかくなり、開いた状態になります。そのままにしておくと、毛穴から必要な水分がどんどん奪われていくので、蒸しタオルのあとはすぐに保湿することを忘れずに。

化粧水や乳液を使ってたっぷりとお肌を潤すころで効果倍増です。

蒸しタオルにも使える!おすすめアイテム紹介

最後におすすめのタオルをいくつか紹介します。今回紹介しているタオルはそれ自体を下地にしつつ、自分だけのオリジナルなデザインを入れられるのが魅力です。

オリジナルな蒸しタオルを使いたい時におすすめ!気になるものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

特急タオル

 

細やかなプリントデザインが可能な定番タオルです。普段使いはもちろん、蒸しタオルとしても活用できるでしょう。オーダー後、4営業日以内にお好みのデザインを入れたうえで発送します。

詳細ページはこちら

今治ミニタオル

 

刺繍デザインを入れられるミニタオルです。エコモイスチャー・ミンク加工された今治タオルなので、非常に高品質な逸品。蒸しタオル代わりにしても最高の使い心地を体感できるでしょう。

詳細ページはこちら 

カラーフェイスタオル

 

大きさにゆとりのある蒸しタオルを作りたい場合は、このカラーフェイスタオルはいかがでしょうか。プリント範囲も広く、オリジナリティをアピールしやすいのもおすすめポイントです。

詳細ページはこちら

蒸しタオルを日々のお手入れに上手にとりいれよう

1分の加熱時間で簡単に作れてしまう蒸しタオル。目の疲れや肩こりの改善といったリラックス効果も、お肌のコンディション改善にも効果があります。ただし、正しい方法で準備をしないと火傷や爆発のリスクもありますので注意しましょう。

今日からでもすぐに始められる蒸しタオル。効果が倍増するコツもしっかりおさえて、日々のお手入れに上手にとり入れみてくださいね。