小学校の入学式で意外と気になるのが、親の服装やヘアメイクなどについてです。親として初めて参加する場合は「入学式の服装ってスーツ?私服はダメだよね?」など、不安に思うことも多いでしょう。

そこで今回は、小学校の入学式で親が着る服装について解説します。記事の後半にはヘアメイクや小物類などのこともまとめていますので、気になる方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。


小学校の入学式に着る親の服装のマナー

まずは、小学校の入学式に着る服装のマナーを紹介します。服装のマナーは厳格なものではありませんが、より良い入学式にするために最低限覚えておきたいポイントはあります。母親・父親ごとにマナーやコツがあるので、本番当日に失敗しないようにここでチェックしておきましょう。

母親におすすめの服装・マナー

母親の服装は、主役である子どもと同じくらい悩んでしまいがちです。「普段のスーツやビジカジスタイルでも大丈夫なのかな?」「スカートはOKかな?」など、初めての参加の場合は色々と考えてしまうでしょう。母親におすすめの服装は、基本的にスーツやワンピース、もしくはセットアップがベターだといえます。

スーツの場合は着回しでも大丈夫

そのなかでもスーツはおすすめです。色味や柄が派手すぎないスーツであれば問題なく、幼稚園・保育園の入園式・卒園式で着たものでもかまいません。

もちろん、仕事で使っているスーツなどを着まわしても大丈夫です。「仕事などは私服だったから、スーツ一着も持ってない・・・」といったことであれば、これを機に1着購入してみてはいかがでしょうか。

母親のスーツニーズの高まりに合わせて、毎年2~3月は母親向けの式典用スーツが販売されますので、そういったスーツを購入しておけばひとまず大丈夫です。

キレイめコーデにする場合は過ごしやすさを重視

スーツのほかであれば、ワンピースやジャケットで作るキレイめコーデでも問題ありません。入学式に厳格なドレスコードや服装ルールはないので、コーデ全体から漂う清潔感を意識して当日に望みましょう。

また、寒い可能性が高い季節柄を考慮すると、スカートよりもパンツがおすすめです。加えてパンツは動きやすく、小さい子どもなどの面倒もみれるというメリットもあります。スラックスなどのキレイめなパンツをチョイスして、耐寒性や動きやすさに備えていきましょう。足元のアイテムはパンプスや革靴がおすすめです。コーデ全体との相性も考慮して、パンプス・革靴どちらにするか選んでいきましょう。

着物を着る場合は明るい色と柄がおすすめ

もし、入学式に着物を着る場合は、スーツとは逆に淡く、明るい色・柄にしてくださいね。暗い色は「凶事」になってしまうのでくれぐれも注意しましょう。また、着付け時間は1時間程度見込んでおいて、前日・当日の準備を進めておくと安心です。

父親におすすめの服装・マナー

父親の服装ですが、母親や子どもよりも選択肢は少ないと思います。選択肢の少ない中でも、父親の服装におすすめなのは基本的にスーツやジャケパンスタイルです。

スーツやジャケパンスタイルの場合はダークトーン

特にブラック・グレー・ネイビーなどのダークトーンのスーツであれば、周囲から浮くこともありません。スーツにもホワイトやベージュなどの色味がありますが、若干派手気味なので避けましょう。

スーツを少しアレンジするスタイルであるジャケパンにする場合は、ジャケットとパンツどちらも派手すぎないものにしてください。

また、ジャケパンのパンツは、ハーフパンツやジーンズなどは避けて、動きやすさも考慮したスラックスなどをチョイスしましょう。もちろん、シワや汚れのあるパンツは避けてくださいね。

一番大切なのは清潔感

母親の服装と同じことですが、清潔感のある服装にするのも大切です。日頃、仕事などで着用しているスーツを使いまわすのも良いのですが、使い込んでシワ・シミ・ヨレが目立つスーツはおすすめしません。

さらには、ジャケットの中に着るシャツやニットなどのアイテムも、シワの少ないものをチョイスしてください。シャツはホワイト、ニットはネイビーなどのダークトーンが良いです。

ネクタイに関しても派手な柄や色は避け、ベーシックカラーのタイプにしましょう。シューズに関しては、スーツやジャケパンにマッチした革靴がおすすめです。モカシンなどではなく、ドレスアップシューズであればキレイめにまとまりますよ。

なお、着物をチョイスする場合は、無地の袴・着物・羽織のセットがおすすめです。30分程度の着付け時間を用意しておき、万全の状態で当日を迎えましょう。

入学式のヘアメイク・小物類のマナーや注意点

母親・父親ごとの服装のマナーを紹介したところで、次はヘアメイクや小物類などに関する細かい注意点を解説します。ヘアメイクの仕上げ具合やアクセサリー・小物類のチョイスなども、服装と同じくらい大切な要素です。素敵な入学式を迎えるためにも確認してくださいね。

意外と注意!ヘアメイクのマナー

ヘアメイクの注意点は、服装と同じく周囲から浮きすぎないことです。母親の場合はロングヘアでしたら一つにまとめたり、ショートヘア・ミディアムヘアだと前髪を分けてみるとさっぱりとした印象にできます。

そして、濃いメイク・薄すぎるメイクは避けて、ナチュラル風のメイクにするのも大切です。一方で、父親であればワイルドすぎない、さっぱりとした清潔感あるヘアスタイルにしてみましょう。ヘアカラーも派手すぎないスタイルにするのがおすすめです。

もし、入学式で着物をチョイスする場合は、着付けサービスにヘアメイクなどもお願いすることもあるでしょう。その際も派手すぎないヘアメイクにしてもらうようにしてくださいね。

実用性とデザインが大切!アクセサリー・小物類のマナー

素敵な服装やメイクを引き立てる小物類にもマナーがあります。ここで基本的なことをチェックしておきましょう。

コサージュ・ネックレスなどを付ける場合

母親はコサージュやネックレス、ブローチなどを身に着けたい場合に気を付けることがあります。

パンツルックのスーツだと地味な印象になりがちなので、ほど良い存在感のあるアクセサリーをチョイスして、入学式コーデに華やかさをプラスしてください。

例えばコサージュだと大きめなもので華やかに彩る、子どもと同じコサージュをお揃いで着けるなどするといい思い出になります。

バッグを持参する場合

バッグに関してですが、学校からの配布物を入れられるものを持っていくと良いです。学校によっても差異はありますが、配布物はそれなりのボリュームになりがちなので、耐久性や大きさを考慮したバッグをチョイスしてください。折りたたみ式のバッグなどをサブバッグとして持っていきましょう。

また、子どもと一緒にデザインして、オリジナルグッズ制作ショップの「タカハマライフアート」などに制作をオーダーしたオリジナルバッグもおすすめです。オリジナルバッグを有意義に使うと、家族の良い思い出になりますよ。

なお、入学式では体育館に靴を脱いで入ることもあるので、室内用のシューズやスリッパなども持参していくと安心です。

清潔感のある服装で小学校の入学式に参加しよう

今回は、小学校の入学式に着ていく母親・父親の服装について解説しました。服装やヘアメイク、アクセサリーなどに細かなマナーはありませんが、最低限掴んでおきたいことはあります。

基本的に周囲から浮かず、そして清潔感が漂う服装やヘアメイクにするのがポイントです。それに加えて耐寒性や動きやすさなど、機能性も考慮して服装を選びましょう。

オリジナルバッグなども持参して、家族にとって特別な入学式にしてみてくださいね。