はじめに

企業の販促やマーケティング担当の方、ノベルティグッズの作成で悩んでいることはありませんか。ノベルティは企業の知名度拡大やリピーターの獲得などに有効な手段ですが、どのようなグッズを作ればよいのか意外と悩むものですよね。

そこで今回はノベルティ作成の方法やポイントなどを紹介します。記事後半にはおすすめのノベルティ作成のサービス・業者をいくつかまとめているので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ノベルティ作成の目的・メリット

まずは、ノベルティを作成するメリットなどを紹介します。ノベルティは作成することで、企業や組織に様々なメリットをもたらすので、ぜひコストを割いて作ってみてください。

商品・サービスを宣伝できる

上手にノベルティを作ると、グッズを介して自社の商品やサービスを宣伝できます。例えばノベルティに看板商品の名前やロゴを入れて、多くの人に配布すれば商材の認知度を高められるのです。

デザインの凝ったオシャレなノベルティであれば、SNSで拡散されて企業名や商品を自然な形で広告できますよ。

世間一般に向けて自社イメージの形成・ブランディングができる

企業のブランドイメージを形成したい時には、ノベルティ作成がおすすめです。企業名や商品名を入れたノベルティによって、ブランドの知名度アップにつながります。

ブランディングしたいイメージにマッチしたノベルティを作れば、ユーザーの購買意欲や好意的なイメージを向上できるでしょう。

ファン層(リピーター)を獲得する

ノベルティ作成は新規ユーザーの獲得だけでなく、ファン層(リピーター)の形成にも一役買います。

  • 一度商品を買ったきりだった新規客へ、商品や企業名を今一度認識させてリピーターになってもらう
  • ファンへの感謝を形にしてよりコアなヘビーユーザーになってもらう
素敵なノベルティ作成・配布をきっかけにして、ライトユーザーをコアなファンに惹きこむことも可能といえるでしょう。

ノベルティ作成の基本的な流れやポイント

つづいて、ノベルティ作成の基本的な流れやポイントを解説します。ノベルティ作成に入る前に確認しておいて、よりユーザー獲得が見込める素敵なノベルティを作成しましょう。

ノベルティ作成の流れ

ノベルティを作成する際、まずターゲット層を明確化しましょう。どんな人にノベルティを渡したいのか考えないと、広告効果の高いグッズは作れません。 ターゲティングは例えば【認知の薄い新規客】と【すでに購入経験のあるユーザー】の、どちらに配るのかを考えます。

また、新規客への広告を狙うとしたら、下記のようなより具体的なターゲット層(ペルソナ)を定めておくと効果的です。

  • 都内に住む女性学生・20代前半女性
  • 地方在住の働き盛りな30代独身男性
  • 子育てに奮闘中の40~50代のママ

以上のようなターゲット層を決めたら、そのターゲット層の購買意欲をそそるようなノベルティのアイテム選びに移ります。基本的な目的・ターゲット層を考えたうえで、具体的なノベルティの企画に進むのです。

実用性の高いカレンダー・ボールペン・メモ帳や、貰って思わず嬉しくなる満足度の高い計算機・時計・Tシャツなどは、宣伝効果の高いノベルティアイテムの代表的なものでしょう。

アイテム選びが決まったら、いよいよノベルティ作成に入ります。自社制作でも良いのですが意外とリソース・コストがかかるので、おすすめはノベルティ制作会社へ外注することです。 外注することでノベルティ作成に関わる人的リソースやコストを削減できますよ。

プロへオーダーすると、大体の場合が簡単な見積り・打ち合わせ、デザインデータの入稿、生産、納品という流れで進みます。 納品まで完了したら、やっとノベルティの配布です。

ノベルティの配布方法は店頭・街頭、イベントでの手渡しが一般的で、ユーザーと直接的に触れあいながら配布できます。自社にとって効果的な配布方法を選びましょう。 以上がノベルティ作成の大まかな流れになります。

ノベルティ作成のポイント

ノベルティ作成で押さえておきたいポイントは、実用的なアイテムをベースにノベルティを作ることです。

実用的なノベルティであればユーザーに喜ばれるだけでなく、普段使いすることで自社の認知度を高められます。 実用的なノベルティといえば例えば以下のようなものです。

  • ボールペンやカレンダー、メモ帳などの生活雑貨
  • ポーチやトートバッグ、Tシャツなどアパレル関係グッズ
  • モバイルバッテリーやスマホリングなどのIT関連グッズ
  • スポーツタオルやうちわなどのスポーツ・レジャーアイテム

以上のようなノベルティは使い切りではなく、実際に何度も使ってもらえる機会も多いので広告効果も絶大です。

一方で、大きすぎて使いづらいアイテムや、企業ロゴなどの主張が激しいノベルティは迷惑がられてしまうので避けましょう。あくまでも、日常生活にさりげなく溶け込むようなノベルティがおすすめです。

ノベルティ作成におすすめなサービス・業者

最後にノベルティ作成をオーダーしたい時に、おすすめなサービス・業者を紹介します。それぞれノベルティやオリジナルアイテムの制作に実績のあるプロばかりなので、気になるところがあればぜひチェックしてみてくださいね。

ラクスル

テレビやネットでCMも展開している有名な「ラクスル」は、ノベルティ作成に特化した「ラクスルノベルティ」を運営しています。トートバッグ・マスク・ノートなどの小物を取り扱っており、早く・安く・簡単にノベルティ作成をオーダーできるのが魅力です。

公式サイトはこちら

販促ワールド

2018年に新しくサービスを開始した販促ワールドは、細部にまでこだわったノベルティ作成ができる点が自慢です。グッズの素材やデザイン、シルエットなどを指定できるため、オリジナリティ溢れるアイテムを作りたい時におすすめ。

公式サイトはこちら

ノベルティラボ

ノベルティラボはこれまで30万件以上の制作実績を誇る、業界内の実力者的な会社です。ノベルティ制作サービスには珍しく最小ロット数の指定がないため、たとえ1個のノベルティ作成もオーダーできます。最短3営業日で発送されるスピーディーな対応も人気です。

公式サイトはこちら

トランス

トランスではノベルティグッズや、ライブグッズ・キャラクターグッズの制作を展開しています。エコバッグ・キーホルダー・季節に合わせたグッズなどを中心に、およそ2,000点ものノベルティラインナップを誇ります。販促・マーケティングに関するコンサルティングも任せられる点も魅力です。

公式サイトはこちら

タカハマライフアート

ノベルティ作成でTシャツやバッグなどを作りたい時は、オリジナルTシャツ制作サービスを展開するタカハマライフアートがおすすめです。柔軟なオーダー対応と高品質なTシャツ制作、企業向けの大口注文のサービスなどが魅力。タカハマライフアートで販促効果の高いアパレルノベルティを作ってみてください。

公式サイトはこちら

まとめ

今回はノベルティ作成について紹介しました。ノベルティはターゲットや目的をきちんと決めて制作すれば、間違いなく販路拡大・広告効果を狙えるグッズです。ぜひ実用性の高く使ってもらえるようなノベルティを作ってみてください。